大手居酒屋チェーンのオペレーション

大手居酒屋チェーンのオペレーション

〇〇円均一の居酒屋など、大手居酒屋チェーンは、低価格で運営する事が可能です。

 

なぜ低価格で運営が可能なのかというと、
個人経営の居酒屋ではマネできない、チェーンオペレーションに低価格の理由が隠されています。

 

まずチェーン店は、全国にたくさんの店舗が存在します。
そのため大量に仕入れるため、原材料のコストを安く抑える事が可能なのです。

 

また多くの大手居酒屋チェーンが、各店舗で料理を作っている訳ではありません。
大きな工場を建てて、最新の機器で、
作業工程を一箇所にまとめる事で、製造コストを抑える事が可能です。

 

そして仕込みが終わった状態で、
各店に運ばれるため、店舗では調理の必要がありません。

 

温めるだけ、盛り付けるだけの工程で、料理を提供する事が可能となります。

 

そのため、店舗では調理を行う人件費がカットでき、
さらに注文して料理をテーブルに出すまでの時間が短縮されるという訳です。
客を待たせないという点では、魅力的だと言えます。

 

また店舗の開店に関するコストも、
外観や内装など、チェーン店はどの居酒屋も似たり寄ったりですよね。
つまりデザインを統一する事で、設計料やデザイン料がほとんどかかりません。

 

システムも全店で同じものを使用しているため、導入費用もコスト削減が可能です。

 

このように、チェーンオペレーションにより様々な点で、
コスト削減を行う事が出来るので、低価格で提供できるという訳です。

 

ただし、料理に関して言えば、やはりその場で作る料理の美味しさには適わないので、
舌の肥えた消費者には、大手居酒屋チェーンは選ばれないのが実情です。
 


このページの先頭へ戻る