激安居酒屋は回転率で利益を出す

激安居酒屋は回転率で利益を出す

居酒屋はボランティアではありませんから、利益を出さなければいけません。

 

しかし激安居酒屋は、この料金設定で、本当に利益が出るの?と
こちらが心配になるぐらい安かったりしますよね。
私が思う美味しくて安い桜木町 居酒屋はこちら

 

この場合、料金設定が安いという事は客単価が低いという事です。
そんな状況で、利益を出すためには、回転率を上げるしか方法がありません。

 

つまり激安居酒屋は、回転率を上げる事によって、
安くても利益を出す方法を見出しているわけです。

 

では、激安居酒屋が行っている回転率を上げる工夫をいくつか紹介してみましょう。

 

まず、居心地のいい居酒屋=人気があり、
儲けが出る居酒屋という訳ではありません。

 

なぜなら、同じ客がずっといすわってしまう事は、
回転率が落ちてしまう最大の要因だからです。

 

もちろん、もう二度と来たくないなんて、居心地の悪い居酒屋では困るので、
入りやすく出やすい事を意識した造りになっています。

 

例えば、テーブルの面積を小さくする事は、回転率を上げるのに非常に有効的です。

 

なぜなら、テーブルの面積を小さくする事で、居酒屋全体の収容人数は増えます。
そして注文した料理が、次々運ばれてくると、テーブルがすぐに一杯になり、
お皿を開けないとテーブルに載らないと食べるペースを上げるからです。

 

そして、次々に料理を運ぶためには、料理を出すスピードをアップする事が重要です。
そのため、早く出せるメニューを考える、スタッフにも指導するなどの工夫が必要です。

 

また、客は気づかないかもしれませんが、
座り心地の悪い椅子を選ぶ事も重要なポイントです。

 

普通に考えると、接客業で、お客様いは、
座り心地のいい椅子を用意しようと思いますよね。

 

しかし、座り心地のいい椅子は、長居してしまうので、
無意識に座り心地が悪いから早く出ようと思わせるような、椅子選びも重要です。


このページの先頭へ戻る