ネオ大衆居酒屋は古くて新しい

ネオ大衆居酒屋は古くて新しい

大衆居酒屋とは、古い建物で、料理とお酒の値段が安く、
昔からある形態の居酒屋の事です。

 

大衆居酒屋は、時代と共に廃れていきましたが、近年その魅力が見直されつつあります。
そして、新しく生まれ変わった大衆居酒屋の事を、ネオ大衆居酒屋と呼んでいます。

 

ネオ大衆居酒屋は、オープン自体は新しく、若いオーナーが運営しています。
しかし、どこか懐かしい、大衆居酒屋らしさを残した居酒屋です。

 

もちろん、その料金も、大衆居酒屋を見習って、安さを極めています。
客単価はお酒と料理を十分楽しんでも、1500円前後の価格帯となっています。

 

そしてネオ大衆居酒屋は、大衆居酒屋と比べると、料理に一工夫している点が特徴です。
そのため、和食はもちろん、居酒屋によっては、
中華や洋食、エスニックなど様々なラインナップとなっています。

 

お店自体は、古きよき時代の大衆居酒屋で、
昭和の香りを感じる事が出来る一方で、料理は、ハイカラにレベルアップしています。
そのため、安くて美味しい料理とお酒を楽しめると、若い子にも人気があります。

 

またネオ大衆居酒屋は、建物時代は、
古い建物を生かした造りになっているかもしれません。

 

ですが、システムに関しては、飲食業界の主流になっている、
タッチパネル式の注文端末を導入していたりします。

 

ホームページを運営しているネオ大衆居酒屋も珍しくありません。

 

つまり、今の便利なシステムは上手に活用し、
人件費や宣伝費のコストカットをしっかり行っています。

 

だからこそ、ネオ大衆居酒屋は、今の時代にマッチして、大勢の人に支持されているのでしょう。
こちらのようなお店なら貸し切りパーティに最適なので、お店の適材適所を考えた予約をしましょう。


このページの先頭へ戻る